なぜ人間はギャンブルにはまるのかお金に対する欲求じゃなく「スリルからの勝利」

gyannburu
おはようございます!!!

今回は「人間の本質とギャンブル」について考えていきます!!

ギャンブル

ある程度ギャンブル経験の長い人ならわかると思いますが、ギャンブルの場を提供する「胴元」が勝てるようになっているのが真実!!

例えば、

ギャンブル 提供側(胴元) 控除率(胴元の利益)
パチンコ、パチスロ 企業 10%程度
宝くじ 政府等 40%程度
競馬、競輪、競艇 政府、JRA等 25%程度
闇カジノ yamikazino 5%程度

 

日本では「賭博」ギャンブルは禁止されています。
宝くじや競馬はギャンブルじゃないという人がいますが、それは提供者(胴元)の都合のいい言い分です
収益金の一部は公共事業に使われます!!と言っていますが・・・・

宝くじを買う人、馬券を買う人は「あぁーこのハズレくじ、はずれ馬券が公共事業に使われて嬉しいな」って人がいるのでしょうか??
その人も宝くじが外れる前馬券が外れる前からそう思っているのでしょうか??
買うときは「儲けたらいいな」「当てたいな」って思ってるでしょ??

〇このように基本は負けることが前提のことを知りつつなぜ大事なお金を使うのでしょうか??

1.人間は自分に都合の良い考え方えをするから
人間ってやっぱり自分が一番かわいいんです
だから、世間で負けると言われているけど
「もしかしたら自分だけは・・・・勝てる??」
結果
勝った⇒都合いい考え「俺は勝てる、○○○は勝てる!!」真実「今日はたまたま勝った」
負けた⇒都合いい考え「負けたけど次は勝てる!!負けた金額取り戻さないと」真実「負けるようにできてるのだから普通、次は勝つ保証なんてない」
自分の行動は「間違ってた」って認めづらい!!
なにかしら無理やり「間違ってた」を「仕方ない、今回は特別うまくいかなかっただけ」と自分の間違いを理屈をつけてうやむやにしちゃう

2.どうなるかわからないことは「ワクワク」「ドキドキ」
ギャンブルって先のわからないことを自分の間で予想することだと思います
例えばですが、好きな女性をデートに誘うときって「ドキドキ」してますよね??
OKかNOかわからないから相手に聞いてみる。結果がわかっていたらドキドキなんてしません

OKって分かってたら、すこしはうれしいかもしれませんがドキドキなんてしません
NOって分かってたら、わざわざ誘う気にもならないでしょ?
ギャンブルもそうで、勝つって分かってたらそこからはもう楽しくなくなるでしょ??
最初は楽しいかもしれませんが、勝つことに慣れちゃってどうとも感じなくなります!!
毎日3時間のパチスロで2万円勝つって分かっていたらどうです?
仕事、作業っていう認識になりますね
負けるって分かっていたら?・・・・やらないでしょ??

見てくれてありがとうございました!!

コメントを残す

サブコンテンツ

相互リンク RSS

RSS パチスロ・オチカネ!

このページの先頭へ

アクセスランキング